クレジットカード現金化で最もよく見かける言葉が『換金率』です。

みなさんも、このような表記を見かけたことはありませんか?

  • 最大換金率○○%
  • 換金率一律○○%
  • 換金率保証○○%
  • 平均換金率○○%

現金化業者にはこのような表記がされていますので、見たことのある方も多いことでしょう。

やはり、クレジットカード現金化をするのなら少しでも高い換金率で取引をしてくれる優良店を選びたいですよね。


しかし、高換金率で現金化がしたいからといってサイト内に書かれている換金率を鵜呑みにして業者を選ぶのはハッキリ言って自殺行為です。

というのも、現金化業者の記載する換金率はそのほとんどがウソで構築されているのです。

この記事ではクレジットカード現金化の換金率について解説します。

現金化styleの管理人のフジモン
はじめまして。
『現金化Style』の管理人・監修を務める『てっちー』と申します。

クレジットカード現金化を成功させるためには、換金率は最重要項目とも言える大事な要素です。

ここではクレジットカード現金化の換金率の真実から相場、本当に換金率の高い優良店までご紹介しますので、換金率について知らなかった方はぜひ参考にしてみてください。

クレジットカード現金化の換金率とは?

クレジットカード現金化の換金率とは?

まずはクレジットカード現金化の換金率について解説しましょう。

クレジットカード現金化の換金率とは、使ったショッピング枠に対して入金される現金の割合のことを言います。

つまり、ショッピング枠10万円の現金化で9万円振り込まれた場合は換金率90%になるということですね。


この換金率は自分でする現金化の方法や利用する業者によっても異なりますので、クレジットカード現金化では損をしないためにも高換金率で取引してくれる方法を利用することが大切だと言われているのです。

クレジット現金化の換金率はウソだらけ!

クレジットカード現金化の換金率はウソだらけ!

冒頭でもお話したように、クレジットカード現金化の業者のサイトには90%を超えた換金率がズラりと並んでいます。

しかし、こちらはクレジットカード現金化するときに適用される換金率ではなく、実際にはさまざまな理由で換金率を下げられてしまうのです。

  • 利用金額
  • 手数料
  • キャンペーン

クレジットカード現金化では、このような理由から換金率を引き下げられます。

現金化業者が提示する換金率はウソだらけですので、絶対に信用してはいけません。

次は換金率を下げられる3つの理由について解説しましょう。

①.換金率はあくまで最大値での数値

この業界では『最大換金率98.8%』という表記を良く見かけますが、こちらの数値はあくまでも最大値の話であり、必ずしも換金率98.8%で取引ができるワケではありません。

何百万という現金化をすることで初めて適用される数値なのです。

「業界一の最大換金率98.8%!」

このように書かれていたとしても、その業者の換金率が高いと決まったワケではありませんので注意が必要です。

②.手数料として換金率を減らされてしまう

みなさんは換金率と聞くと、そのパーセンテージが入金される金額だと思われることでしょう。

しかし、現金化業者には全く違った考え方をする業者もおり、換金率からさらに手数料を引かれてしまうこともあるのです。

  • 消費税
  • システム手数料
  • カード決済手数料

クレジットカード現金化では、このような手数料が掛かります。

その総額は15%~25%と言われておりますので、現金化業者に「換金率90%で取引しますよ」と口頭で伝えられたとしても信用してはいけません。

そのときには必ず入金される金額なのかどうかを聞き出したほうが良いでしょう。

③.換金率UPのキャンペーンは適用されない

現金化業者のサイトでは、さまざまなキャンペーンが開催されています。

  • 新規なら換金率5%アップ
  • 新規なら最大5,000円プレゼント
  • 利用額○○万円以上で換金率アップ

このようなキャンペーンが多くあり、お得に現金化できそうに思えますよね。

しかし、これらのキャンペーンはすべて有名無実なもので、実際には適用されないものばかりなのが業界の現状なのです。


一見、カンタンに換金率を上げてくれそうに思えますが、これらのキャンペーンにはすべて利用額数百万円以上でなければ適用されません。

また、「既に適用済みの数値です」と開き直ってくる業者もいます。

キャンペーンを適用してくれる優良店は少ないので、キャンペーンでどんなに良いことが書かれていたとしても、そのまま信用してはなりません。

現金化styleの管理人のフジモン
高換金率で現金化ができると言われるとついつい利用したくなるかもしれませんが、換金率90%以上の取引は存在しません。クレジットカード現金化には消費税・カード決済手数料などのさまざまな手数料がかかりますので、本当に換金率90%以上で取引をしてしまえば現金化業者は大赤字になってしまいます。

損をするだけのビジネスはこの世の中にはありませんので、「90%以上の換金率は実際には下げられてしまう」と覚えておきましょう。

クレジットカード現金化の換金率の相場は75%

クレジットカード現金化の換金率の相場は75%

上記の理由からクレジットカード現金化では換金率を大幅に下げられることになってしまいます。

そして、このことは業界の常識となっており、実際の現金化の換金率は75%が相場だと言われているのです。


余程の優良店でなければ換金率80%超えの現金化はできません。

口コミ評判で「換金率表通りに現金化してくれました」といった内容を見ることがありますが、そんなことは絶対にありえませんので、そのような口コミ評判に騙されないように注意が必要です。

高換金率でクレジット現金化する方法とは?

高換金率でクレジット現金化する方法とは?

クレジットカード現金化では換金率75%が相場と言われており、ほとんどの業者では換金率80%以上での現金化は不可能です。

では、少しでも換金率を高く現金化するためには、どのような方法があるのでしょうか?

次は高換金率でクレジット現金化をする方法について解説しましょう。

換金性の高い商品を転売する

現金化業者を使った方法では、業者に支払う手数料がありますので高換金率の現金化は望めません。

しかし、自分でする現金化であれば手数料を支払わなくて良いので高換金率での現金化が可能です。

自分でする現金化で有名な新幹線の回数券であれば換金率90%以上での取引もできますので、高換金率で現金化をしたい方はこちらの方法が良いでしょう。


ただし、こちらの方法は【クレジットカード現金化の利用停止のリスクと対処法まとめ』でも解説しているように、クレジットカードの利用停止のリスクがとても高い方法です。

デメリットもありますので、利用するときはそのことも理解した上で自己責任でおこないましょう。

現金化業者を比較する

現金化業者を使った方法では換金率75%が相場となっていますが、口コミでも評判の高い優良店であれば換金率80%~85%での現金化が可能です。

さらに、安全性の高い現金化ができますので、手間なくカンタンに資金調達をしたい方は現金化業者を比較して選ぶのが良いでしょう。

また、現金化業者を比較して選ぶ方法は2つあります。

  • 現金化業者に直接電話をして聞いてみる
  • 口コミ評判や比較サイトを活用する

片方は直接電話を掛けて換金率を聞き出す方法ですね。

こちらの方法であれば確実に真実の換金率を知ることができますが、代わりに1社ごとに電話を掛けなければならないというデメリットもあります。


2つ目の方法は口コミ評判や比較サイトを活用する方法です。

どちらも実際に使ってみた方の体験談を見れば実際の取引が解ります。

手間もかからずに現金化業者を選べますので、今すぐに現金が必要な方はこちらが良いでしょう。

また、当サイトでも現金化の優良店を多数ご紹介しています。

クレジットカード現金化業者の比較の方法がわからない方はこちらを参考にして現金化業者を選んでみて下さい。

カード現金化の優良店ランキングBEST10

クレジットカード現金化の換金率のまとめ

クレジットカード現金化の換金率のまとめ

いかがでしたか?

クレジットカード現金化の換金率は不確定なものですので、業者のサイトを見ただけでは高い・低いの判別はできません。

クレジットカード現金化業者を探す時は、上記の2つの方法を試してみて、優良店を見つけ出してくださいね。

現金化styleの管理人のフジモン
クレジットカード現金化では、換金率はとても重要な要素です。

換金率の高い方法で現金化をすることこそ、クレジットカード現金化で成功するための秘訣とも言えますので、換金率に関しては妥協せずに少しでも高い方法で現金化をおこないましょう。

また、クレジットカード現金化についてはトップページでも詳しく解説しています。

もっと詳しくクレジットカード現金化について知りたい方はぜひこちらも併せて参考にしてみてください。