「クレジットカード現金化は自己破産ができません。」

今、インターネット上ではこのように言われていることが多くあります。

なんでも、クレジットカード現金化は自己破産の免責不許可事由に該当するため、クレジットカード現金化で作った借金は自己破産でチャラにすることができないのだとか。


たしかに、クレジットカード現金化は免責不許可事由に該当する行為であるのは事実です。

【破産法第252条第1項】
裁判所は,破産者について,次の各号に掲げる事由のいずれにも該当しない場合には,免責許可の決定をする。

② 破産手続の開始を遅延させる目的で,著しく不利益な条件で債務を負担し,又は信用取引により商品を買い入れてこれを著しく不利益な条件で処分したこと

このように記載されており、こちらを見るとクレジットカード現金化は自己破産ができないようにも思えます。

とはいえ、過去の例では免責不許可事由に該当していたとしても自己破産ができた方も多く、免責不許可事由に該当しているからといって必ずしも自己破産ができないワケではありません。


では、クレジットカード現金化は本当に自己破産ができないのでしょうか?

この記事ではクレジットカード現金化の自己破産について解説します。

カード現金化をすると自己破産できないの?

カード現金化をすると自己破産できないの?

先ほども言いましたが、クレジットカード現金化は免責不許可事由に該当する行為です。

では、そもそも免責不許可事由とは何のことなのでしょうか?

免責不許可事由とは、自己破産をしても取り消しが認められない借金の理由のことです。

  • ギャンブルによる借金
  • 浪費による借金
  • 信用取引で得た商品を安く売却して残った借金
  • 自己破産後7年以内にした借金

主にこのような理由での借金が免責不許可事由に該当します。

そして、この中にある「信用取引で得た商品を安く売却した残った借金」がクレジットカード現金化に該当するのです。


これらの借金は自己破産をしても取り消しされず、支払い義務が残ることになります。

つまり、自己破産をしたのに借金が残ることになってしまうのです。

裁判所にカード現金化を内緒にすれば大丈夫?

裁判所にカード現金化を内緒にすれば大丈夫?

自己破産する場合は裁判所に届出を出して、借金の原因を探ってから免責の審査をおこないます。

ですので、「裁判所に内緒にしておけばクレジットカード現金化がバレないんじゃ?」と考える方も多くいます。


たしかに、クレジットカード現金化が裁判所にバレなければ免責不許可事由に該当することもありません。

しかし、それはあまりにも危険な行為です。

というのも、借金の理由を隠して自己破産をすることも免責不許可事由に該当し、バレたときに自己破産自体が認められなくなるケースもあるのです。

そうなってしまえば、当然借金を取り消すことはできません。


全額の支払い義務が残ってしまいますので、裁判所にカード現金化を隠すのはリスクの高い危険な行為と言えるでしょう。

現金化後の自己破産についての弁護士の意見

現金化後の自己破産についての弁護士の意見

ここまでの内容でクレジットカード現金化が免責不許可事由に該当することはお分かり頂けたかと思います。

とはいえ、冒頭でもお話したように免責不許可事由に該当していたからといって必ずしも自己破産ができないワケではありません。


では、カード現金化をしていても自己破産はできるのでしょうか?

法律の問題に関しては、その道の専門家の意見を見るのが一番の近道です。

ということで、次は法律のプロである弁護士の意見を聞いてみましょう。

弁護士の意見はカード現金化は自己破産できる

調査をしてみたところ、『弁護士ドットコム』というサイトでクレジットカード現金化について話されており、そこには「クレジットカード現金化をしても自己破産は可能」との弁護士の意見がありました。

クレジットカード現金化って詐欺罪で捕まるのですか?
それが罪だと知らなかったとしても。
おそらく、総額でおそらく170万ぐらいしてしまったような気がします。
これは自己破産できませんか?


金額が多額の場合,破産管財人が就く可能性がありますが(免責観察型の管財事件),裁判所へ嘘をつかずに報告し,きちんと反省の態度を示せば,ほとんどの場合免責許可決定を受けることができます。

クレジットカード現金化は免責不許可事由に該当すると言われると不安になりますし、自己破産を考えている方にとって恐ろしいことのように思えるかもしれません。

ですが、弁護士の意見ではほとんどの場合で免責を受けれると記載されており、クレジットカード現金化をしたからといって必ず自己破産ができないワケではありませんので、ご安心ください。

カード現金化を裁判所に正直に話すことが重要

ここでの注意点が『必ず正直に裁判所に話すこと』です。

インターネット上の意見を見ると「裁判所にはバレない」や「黙っておけば大丈夫」といった意見を多数見かけることがあります。

ですが、そういった意見は確実にデマであり、自分の状況をより悪化させるだけです。


そんなデマを信用することなく、カード現金化後に自己破産する場合は一刻も早く弁護士に相談をしましょう。

また、このときにも弁護士に正直に話せば対策を練ってくれますので、弁護士にも裁判所にもカード現金化を黙っておくといった行為はおこなわないように注意してくださいね。

クレジットカード現金化の自己破産のまとめ

クレジットカード現金化の自己破産のまとめ

いかがでしたか?

クレジットカード現金化は免責不許可事由に該当する行為ではありますが、実際にはちゃんと反省の態度を示せば自己破産は可能です。


とはいえ、自己破産ができるからといってクレジットカード現金化の使いすぎは禁物です。

クレジットカード現金化には換金率がありますので、必ず利用者が損をすることになります。

ですので、自分の収入を超えるような金額のクレジットカード現金化をしてしまえば、破綻してしまうのは想像に難くありません。


そのようなことにならないためにも、

  • クレジットカード現金化の利用は極力控える
  • どうしても利用するときは換金率の高い業者を使う

といったことを意識して、自己破産にならないように注意して使ってくださいね。