クレジットカード現金化では自分でする現金化はリスクが高く、業者を使ったほうが安全に取引ができるというのが業界全体の見識です。

しかし、クレジットカード現金化を営む業者は多く、『クレジットカード現金化』や『ショッピング枠現金化』といったキーワードで調べると数え切れないほど出てきます。

こんなに多く現金化業者が出てくると「結局、どの業者を使えばいいの?」と悩んでしまう方もいることでしょう。

そこで、この記事ではクレジットカード現金化業者の選び方について解説をします。

現金化styleの管理人のてっちー
はじめまして。
『現金化Style』の管理人・監修を務める『てっちー』と申します。

クレジットカード現金化をする上で業者選びは重要な問題です。

業者によって換金率やスピード、安全性も変わりますので、こちらの方法を使って正しく現金化業者を選びましょう。

安全な現金化業者を選ぶための3つのポイント

安全な現金化業者を選ぶための3つのポイント

安全な現金化業者を選ぶためには、業者をポイントごとに比較することが重要です。

こちらのポイントから現金化業者を比較すれば安全な優良店をカンタンに選ぶことができますので、現金化業者を選ぶときはこちらのポイントを参考にしてみてください。

①.現金化の方法から選ぶ

クレジットカード現金化には商品買取方式とキャッシュバック方式の2種類があることはもうご存知だと思われます。
(知らない方は『クレジットカード現金化の仕組みを徹底解説 』をご覧ください。)

そして、この2つの方法で安全性が圧倒的に高いのがキャッシュバック方式だと言われているのです。


逆に商品買取方式では、カードの利用停止などのトラブルが発生する可能性が高くなっています。

現金化業者を選ぶときは、危険性の高い商品買取方式ではなく、キャッシュバック方式の現金化業者を選ぶように注意しましょう。

②.創業年数を確認する

現金化業者を選ぶときに、創業年数は重要な情報です。

というのも、クレジットカード現金化の悪質業者は詐欺をおこない消費者からお金を騙し取ります。

そのため、口コミ評判で悪名が広まりやすく、短いスパンでサイトを作り直すため、総合年数が短いことがほとんどなのです。


逆に、創業年数の長い業者であればそういった詐欺をおこなう業者ではありませんし、長く営業を続けている=多くの方が利用しているということになりますので、優良店であることが多いです。

このことから考えても業者選びに創業年数は確認すべきポイントと言えるでしょう。

③.口コミから評判を探る

クレジットカード現金化では業者が表記する換金率はウソであることがほとんどです。
そのため、サイト内の表記からは実際に取引内容を知ることはできません。

ですが、実際にその業者で現金化をしたことのある方の口コミであれば真実の契約内容を知ることが可能です。

  • 換金率
  • スピード
  • 接客対応

このような情報を知ることができますので、業者を選ぶときは口コミでの評判も一緒に確認するのがオススメです。

悪質なクレジットカード現金化業者の見極め方

悪質なクレジットカード現金化業者の見極め方

クレジットカード現金化の優良店はこちらの3つのポイントを注意すれば問題なく選ぶことが可能です。

しかし、業界にはウソの契約内容を提示しておき、入金の段階になって勝手に換金率を下げてくる悪質業者がいるのも事実です。

ですので、クレジットカード現金化で業者を選ぶときは、悪質業者の見極め方も一緒に知っておかなければなりません。

次は悪質業者の見極め方について解説いたします。

①.高すぎる換金率に注意

悪質業者の場合、利用者に申込みをさせるために実際には有り得ない高換金率を提示してくることがあります。

「当店の換金率は90%です」などと言われると、お得に取引ができそうに思えるかもしれませんが、クレジットカード現金化では90%以上の換金率は存在しません。

  • 消費税
  • カード決済手数料
  • 商品送料

クレジットカード現金化では、このような手数料がかかりますので、換金率90%で取引をすると業者が大赤字になってしまいます。

実際の入金では換金率を下げられることになりますので、換金率90%以上を提示してきた業者は使わないほうが良いでしょう。

②.会社概要の情報が少ない

クレジットカード現金化業者のサイトには会社概要が記されていますが、この会社概要に記載された情報量も業者を選びの参考になる要素です。

悪質業者の場合、多くの情報量を記載してしまうと警察に介入される可能性があるため、詳しい情報を記載することはありません。

ですので、会社概要の情報が多く記載されているほど、悪質業者の危険性が下がるのです。

  • 会社名
  • 責任者名
  • 住所

会社概要の中でもこの3つの情報が記載されている業者は信頼できます。

逆に記載していない業者や画像での表示をしている業者には注意が必要です。

③.個人情報を聞き出してくる

クレジットカード現金化で身分証明書が必要になる2つの理由と注意点まとめ』で解説していますが、クレジットカード現金化で必要になる情報は『身分証明書』と『クレジットカード情報』だけです。

しかし、悪質業者の中には利用者の個人情報を多く引き出して名簿屋や闇金に売却しようとするケースもあります。

  • 勤務先
  • 家族構成
  • 年収
  • 自宅の電話番号

このような個人情報を聞かれた場合、注意しなければなりません。

正直に伝えてしまうと、詐欺師や闇金に個人情報が流れてしまい、思わぬトラブルに遭う可能性もありますので、必要以上に個人情報を聞き出そうとしてくる業者は絶対に利用してはなりません。

安全な現金化ならキャンセルできる業者を選ぼう

安全な現金化ならキャンセルできる業者を選ぼう

クレジットカード現金化には悪質業者もおり、必ずしも安全に取引ができるとは限りません。

ですので、安全に現金化をするためにも業者を選ぶときにはキャンセル可能な業者を選ぶのがオススメです。


キャンセル可能な業者であれば、実際の換金率を聞いてから申込みができますし、取引の途中で不安に思ってもその場で現金化を中止できます。

失敗しないで現金化ができますので、業者を選ぶ時はキャンセルのできる業者を選びましょう。

また、キャンセル可能な優良店として有名なのが『エニタイム』です。
時間ロスなく、24時間いつでも電話サポートをおこなっておりますので、安全に現金化をするのならエニタイムが最適な現金化業者と言えるでしょう。

クレジットカード現金化業者の選び方のまとめ

クレジットカード現金化業者の選び方のまとめ

いかがでしたか?

クレジットカード現金化にはさまざまな業者がいますので、安全な業者を選ぶためにも業者の選び方を知っておかなくてはなりません。

また、業者を選ぶだけではなく、悪質業者を見極めることも大切ですので、こちらの記事でご紹介したポイントを元に安全な現金化業者を選んでくださいね。

現金化styleの管理人のてっちー
『現金化業者を自分で選ぶのは面倒』

こちらの方法を聞いて、このように思われる方もいることでしょう。

確かに、現金化業者を一社一社調査していくのは骨が折れるものです。

そこで、そんな方にオススメなのかこちらの『クレジットカード現金化安全優良店ランキング』です。

当サイトが独自に現金化業者を調査し、その実態や口コミ評判から本当に利用者の満足できる優良店をランキング形式でご紹介しています。

こちらなら不満に思うことなく現金化ができますので自分で業者の比較をするのが面倒だと感じられる方はぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す