クレジットカード現金化はクレジットカード会社の利用規約で禁止されている行為であり、現金化行為がカード会社にバレてしまえばクレジットカードの利用停止は避けられません。

では、クレジットカードが利用停止になってしまうとどのような事態になってしまうのでしょうか?

この記事では、クレジット現金化でカードが利用停止になったときのトラブルと安全に現金化をする方法について解説いたします。


現金化styleの管理人のてっちー
はじめまして。
『現金化Style』の管理人・監修を務める『てっちー』と申します。

カード会社に勤めていた経験から、本当に安全にクレジットカード現金化を利用する方法について赤裸々に暴露いたしますので、クレジットカード現金化でカードの利用停止を絶対に避けたい方はぜひ参考にしてみてください。

クレジット現金化でカードが利用停止になる理由

クレジット現金化でカードが利用停止になる理由

まずはクレジット現金化でカードが利用停止になる理由から解説しましょう。

クレジット現金化はクレジットカードのショッピング枠を現金に換金するサービスで、即日中にっ振り込んでもらえることから急な資金調達にも使える便利なサービスです。


しかし、このクレジットカード現金化はカード会社の利用規約によって禁止されている行為であり、利用規約違反のサービスとなります。

10.会員は、現金を取得することを目的として商品・権利の購入または役務の提供などにカードのショッピング枠、ショッピング残高枠(第19条第2項
に定めるものをいう。)を利用すること(以下「ショッピング枠現金化」という。)はできません。なお、ショッピング枠現金化には以下の方式等がありますが、現金を取得することを目的とするショッピング利用である限り、方式のいかんにかかわらず、禁止の対象となります

どのカード会社の利用規約にも同じように記載されており、クレジットカード現金化はどの方法を用いても利用規約違反です。

そのため、クレジット現金化がカード会社にバレてしまうとカードを利用停止にされてしまうのです。

利用停止にならないためにも、クレジットカード現金化はカード会社にバレないように使うのが大切です。

現金化でカードが利用停止になるとどうなるの?

現金化でカードが利用停止になるとどうなるの?

現金化行為がカード会社にバレてしまい、クレジットカードが利用停止になってしまうとさまざまなトラブルに巻き込まれてしまいます。

  • 新規カードが作れなくなる
  • ブラックリストに記載される
  • ショッピング枠の利用残高を一括請求される

このようなトラブルのケースが考えれますので、充分に注意しましょう。

①.新規カードが作れなくなる

現金化行為でクレジットカードが利用停止になった場合、あなたの信用情報に悪質なカードホルダーとして履歴が残ることになります。

そして、クレジットカード会社の審査では信用情報を元に審査をしますので、クレジットカードが利用停止になってしまうと新規のクレジットカードが作れなくなってしまうのです。

②.ブラックリストに記載される

信用情報の履歴は最大5年間保存され、さまざまな審査に使われることになります。

当然、そこにクレジットカードの利用停止などの事故情報があった場合、審査が厳しくなる・通らなくなります。

そのため、いわゆるブラックリストに掲載されてしまった状態になるのです。

③.ショッピング枠の利用残高を一括請求される

クレジットカード現金化はカード会社の利用規約でも厳しく罰せられており、カード会社の利用規約にはこのように記されています。

(2)、(3) または(4) においては何らの通知、催告を受けることなく当然に、(5)、(6) または(7) においては当社の請求により、当社に対する一切の債務について期限の利益を喪失し、残債務全額を直ちに支払うものとします。

(4) 会員の信用状態に重大な変化が生じたとき、または換金目的によるショッピング利用等会員によるカードの利用状況が適当でないと当社が判断したとき。 

このように記されており、「残債務全額を直ちに支払うもの」とされています。

従って、クレジットカード現金化でカードが利用停止になった場合、支払いの期日を待たずにショッピング枠を即時に全額返済しなければならないのです。

必ずしも全額返済を迫られるワケではありませんが、一括返済となる可能性もありますので要注意です。

カード利用停止にならずに安全に現金化をする方法とは?

カード利用停止にならずに安全に現金化をする方法とは?

クレジットカード現金化には、カード利用停止のリスクがあり、利用停止になってしまえばとてつもないトラブルに巻き込まれてしまいます。

では、カード会社にバレずに現金化をするにはどうすればいいのでしょうか?
安全にクレジットカード現金化をするには優良店と呼ばれる業者を使った方法がオススメです。

現金化業者を使うと利用停止にならない理由

結論から言いますと、現金化業者を使えばカード会社に現金化がバレることはありません。

その理由は、海外の決済端末を使っていることにあります。


現金化業者を使った方法では『キャシュバック方式』での現金化となり、海外の決済会社を通して消費者のクレジットカードを決済します。

ですので、カード会社からは消費者の決済の詳細を知ることはできないのです。

また、海外の決済会社もカード現金化がバレてしまえばカード会社に端末を取り上げられてしまいますので、バレないように取引を偽装してくれます。

事実、キャッシュバック方式での現金化で消費者のカードが利用停止になったことはありませんので、安心しても良いでしょう。

クレジットカード現金化の利用停止のまとめ

クレジットカード現金化の利用停止のまとめ

いかがでしたか?

クレジットカード現金化は利用停止のリスクが高く、トラブルも多いサービスです。

ですので、現金化をするときは安全な方法を取って利用することが大切です。

クレジットカード現金化を利用するときは、このことを忘れずに利用するようにしてくださいね。

現金化styleの管理人のてっちー
わたし自身、今まで何度もクレジットカード現金化を利用してきましたが業者を使っていたため、クレジットカードが利用停止になったことはありません。

安全性に関しては業者を使えば確保されたと考えて良いでしょう。

また、クレジットカード現金化の優良店に関してはこちらでご紹介しています。

どの業者も高換金率で即日振込が可能な業界を代表する業者ですので、ぜひこちらを参考にしてみてください。