現金化styleの管理人のてっちー

皆さんこんにちは、このサイトの管理人・監修を務める「てっちー」と言います。

比較的新しい現金化業者の『スピードクレジット』を調査してみたいと思います。
表記上では高い換金率と素早い振り込みを売りにしているようですが、その実態はどうなのでしょうか?

ネットで検索をして調査をしてみたのですが、まだ口コミも詳細記事も少なくピンとくるような内容ではありませんでした。

そこでお得意の利用調査を駆使しどの様な業者なのかを確かめてみました。

まずは会社概要からご覧ください。

スピードクレジットの会社概要

スピードクレジットの会社概要
最大換金率98%
代表田中 彰
営業時間 平日9時~20時
所在地
〒102-0084 東京都千代田区二番町11-4 3F

以上がススピードクレジットの会社概要です。

スピードクレジットの会社概要はサイトの一番下にひっそりと記載されていました。
正直見えにくいですし、会社概要がない物だと勘違いされてもおかしくありません。

住所は「千代田区二番町11-4 3F」となっていて調べてみると、該当住所にはマンションが建っています。

実際にそこに事務所を構えているかは不明ですね。
電話番号はフリーダイヤルで営業時間は9時から20時となっていますが営業時間の前に『平日』と記載されているのが少し引っかかります。

ホームページの換金率表によると87%~93%、最大では98%で還元するということのようです。
ただし、この最大還元率は飾りのようなものなので適用されないと思っていてください。

現金化方法はキャッシュバック方式

現金化方法はキャッシュバック方式

現金化の方法は、スピードクレジットが指定した商品をカード決済で購入する「キャッシュバック方式」です。
購入して商品が自宅に届いた時点で取引が終わりますので、商品を送り返す手間はありません。

なお、スピードクレジットでは分割払いやリボ払いに対応していません。
決済は一括で行われるので、分割を希望する場合には、後日カード会社で「あとからリボ」などの手続きをする必要があります。

振り込みまでのスピードは1時間前後

カードの種類や金額にもよりますが、決済までのスピードはおよそ55分から1時間程度のようです。
ホームページに記載されている「最速3分」は誇大広告的な表記でしょうから無理としても、新規利用で1時間ならギリギリ許容範囲と言えます。

本人確認はスピーディー

さっそく申し込んでみることにしました。

まず本人確認のアンケートから始まります。
この本人確認は、どこの現金化業者でも行うものですが、スピードクレジットでは

  • 住所
  • 氏名
  • 年齢
  • 振込先の銀行口座

を聞かれた程度で、5分ほどで終わりました。

アンケートだけで1時間以上かかる業者も存在するので、短時間で終わるというのは大いに評価できます。
なお、提携しているジャパンネット・ゆうちょ・楽天銀行の口座を振込先に指定すると、土日祝日でも関係なく振り込みに対応してくれるとのことです。

必要画像に問題がある本人確認

本人確認のために必要な画像として要求されたのは下記でした。

  • 運転免許証の両面
  • 健康保険証の両面
  • クレジットカードの両面
  • 免許証を顔の横に持った自分の顔写真

カードの両面、つまりは裏に書いてあるセキュリティコードを要求してくる業者ですが、実は現金化業界には数多く存在しています。

大手ネットショッピングサイトでもクレジットカードのセキュリティコードを送らなければいけないように、クレジットカード現金化でもセキュリティコードは必要になります。
ネットでのカード決済には必要不可欠ですのでなんの不思議もありません。

しかし、職場の住所や電話番号などのあから様に必要のない情報の提示を求めてくる業者は充分に注意しましょう。

ちなみに、画像の送付はメールではなくラインでも可能とのこと。
素早い対応が可能なラインで申し込めるのはメリットかもしれませんね。

スピードクレジットの実際の換金率は81%

今回は「現金10万円が手元に欲しい」ということで申し込んだのですが、これに対して「12万円程度のショッピングをしてもらうことになります」という返答が。

12万程度の商品を購入して7万2千円が手元に来るのであれば、換金率は60%前後ということになります。

ホームページの換金率表によれば、10万円の利用では87%と書かれていますがその差はなんと27%です。

この27%は何の27%なのでしょうか?

これはどういうことなのかと尋ねてみると「換金率表はあくまでも最大値なので…」と言葉を濁していました。

全く同じ名前の業者が2016年に閉店している

更に調べてみたのですが、2016年に「スピードクレジット」という名前の現金化業者が閉店しています。
当時の口コミを見るとかなり評判が悪く、結果、閉店に追い込まれたものと思われます。

スピードクレジットの調査を行うとこのスピードクレジットとかかわりがあるのではないか?
という疑問の声も上がっていますがサービスの内容が大幅に異なっているのでまず関連性はないと言えるでしょう。

今回の「スピードクレジット」とは住所も経営責任者も異なりますので、関係性は無いと考えられます。

違う会社ではありますが評判の悪かった業者と同じ名前にしたのはあまり関心しませんね。
それが原因かネットでの評判もあまり良くはないようです。

サービスがいいのに評判の悪い業者はこのような事が原因という事も充分考えられます。
利用者からすれば紛らわしい話ですね!サービス内容が優良なので問題ありませんが!

スピードクレジットは優良の現金化業者

スピードクレジットは優良の現金化業者

たしかに振込スピードはそこそこ早い業者ではありました。

現金化styleの管理人のてっちー

スピードクレジットは優良の現金化業者と言えるでしょう。

しかし不安は現金化にとって最大の敵です。
この敵を無視すると被害に遭うのはいつだって利用者側となってしまいます。

自分の身は自分でしか守るしかありません。

では、どの様に守るのかというと評判・評価の高い現金化業者を利用することです。

今回調査したスピードクレジットは怪しい現金化業者であるという事がわかります。
優良と言える業者は数多く存在していますが、スピードクレジットは優良ではない業者と言っていました。

その為、こちらの現金化業者を利用するよりも今話題の和光クレジットは優良の現金化業者であると言われています。
詳しくは詳細をご確認ください。